日々のこと

20244/17

りんごのこと高接ぎ(たかつぎ)

枝の先に違う品種の枝をつぐことで、ついだ品種に変えることを「たかつぎ」といいます。写真はふじに秋映をついだところ。元の木とつぐ木をどちらも削り、くっつけてテープで固定してとめます。乾燥を防ぐため、この部分に袋もかけます。2〜3週間で芽が出てきて木が盛ってきてつながり、3年後くらいにはついだ木の品種のりんごが採れるようになります。新しく苗木を植えると収穫できるまでに7・8年かかるので、「高つぎ」はかなりの時短です!